S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
カテゴリ:阿多田島( 18 )
島の記憶 174 ー阿多田島ー
f0235409_2324123.jpg

本浦集落の外れにあった小学校を後にし、港へと向かう途中。
春の陽気を感じる羨ましい光景に遭遇した。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2017-04-17 23:03 | 阿多田島 | Comments(0)
島の記憶 136 ー阿多田島・眺望ー
f0235409_23183048.jpg

夕陽を浴びた猪子島が奇麗で、急いで高台に登った。
どちらかと言えば脇役的な存在の島が、ひときわ輝いて見えた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2016-06-20 23:19 | 阿多田島 | Comments(0)
宇多天皇は愛猫家!?
f0235409_2273258.jpg

先日、猫好きの方から宇多天皇の話を教えてもらいました。
なんでも現存する記録の中では日本最古の猫好きで、しかも相当のフリーク。
寛平御記という日記の中に愛猫の自慢話がでてくるのですが、これがなんとも面白い。
ペットを飼われている方はいつの時代も似たような感じですね。笑

寛平御記を漫画などで楽しく表現されているページを見付けました。
ご興味のある方はコチラをどうぞ。

Nakagawa

◎『卓上カレンダー2015』発売中ですhttp://www.shimaproject.jp/sp/calender.html
◎『しまねこ』もよろしくhttp://www.shimaproject.jp/sp/shimaneko.html
[PR]
by shimaproject | 2014-12-10 22:09 | 阿多田島 | Comments(0)
学校
f0235409_21403548.jpg

生徒が倍増した離島の小学校。という珍しい新聞記事を読んだ。場所は山口県の平郡島。
岡山県の笠岡諸島で学校の統廃合問題があったばかり。嬉しくなる情報だった。

島へ行くと元小学校というのをよく目にするが、再利用が成功している例は稀。
何処も建物を持て余している感じが強く、跡地活用の難しさを考えずにいられなくなる。

再訪した離島の小学校が更地になっていたのは、馴染みがなくとも衝撃だった。
島と自分を繋ぐ糸が、一本切れてしまう卒業生。帰る理由も一つ失いはしないだろうか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2014-04-11 21:41 | 阿多田島 | Comments(0)
空回り?
f0235409_23435343.jpg

しまねこを撮るようになってから、ひとつ気づいた事がある。
何故だか猫が寄ってこないのです。昔はもっと寄って来てくれてた筈なんだけど、
最近は「お、猫だ!」と思った瞬間そそくさと逃げて行き、
なんか視線を感じるなぁと周りを見渡すと、遠くのほうで警戒してる野良猫が。
自分ではそんなつもりはないけれど、知らず知らず、
「よーし、撮ってやるー。」みたいな変な気合いがでてるのかなぁ・・・

Nakagawa

◎しまねこ http://www.shimaproject.jp/sp/shimaneko.html
[PR]
by shimaproject | 2014-01-29 23:58 | 阿多田島 | Comments(0)
団地
f0235409_23154135.jpg

全戸南向き入居者募集中。たこつぼの並び方が団地のように見えた港での風景。
実際は10mほどの間隔で海中に沈んでいて、お隣は見えない。

全国各地で限界集落ならぬ、限界団地ができつつあるという。
高齢化と人口減少。自動車が無いと買い物弱者となり、通院も困難となる生活。

大人数の生活を引き受けた場所から、急速に人が減ってゆく。
住んでいる土地に空き地と空き家がじわじわと増える。これは島と同じ現象だ。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-11-15 23:17 | 阿多田島 | Comments(0)
通過
f0235409_23505049.jpg

いつの間にか蝉の声は遠く、台風は近づくようになり、八月が終わる。
思い返せば夏らしいことをしておらず、このまま季節が終わってしまうのは寂しい。

厳しい暑さも、一日中空調の効いた建物で過ごしていては感じられない。
らしさを得るには、日々の生活に自らの演出が必要なのだろう。

毎日同じ事を繰り返している内に、季節は立ち止まることなく通り過ぎてゆく。
できない言い訳はいくらでも考えつくが、諦めずささやかな演出を考えようと思った。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-08-31 23:52 | 阿多田島 | Comments(0)
最後の七夕祭り
f0235409_748213.jpg

先日、「阿多田島小学校で最後の七夕祭りが催された。」とのニュースが飛び込んできた。

阿多田島を訪れたのは2年前の春。
VTRでみるグランドや校舎が何とも懐かしく、七夕の劇を発表していた児童たちをみて、
阿多田神社の前で出会った5人組の男の子達を思い出した。
まるで兄弟のように仲がよく、受け答えもハキハキしていて闊達。
記憶が確かなら、当時4年生の男の子がいたはずなので、その子が最後の卒業生になるのだろう。

明治6年に創立されてから約140年間。
長く島唯一の学び舎として存在し、島民のほとんどがここの卒業生だけに、
きっと感慨深い七夕祭りとなったことだろう。

Nakagawa

◎フェイスブック → "http://www.facebook.com/shimaproject"
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-07-11 07:53 | 阿多田島 | Comments(0)
指標
f0235409_2265745.jpg

高齢化が進む柑橘農家にとって、傾斜地での農作業は負担が大きい。
それに加え価格低迷もあり、畑の縮小・放棄地は増える一方。島へゆくと目の当たりにする風景だ。

JA広島果実連が担い手育成事業強化のため、県果樹農業振興対策センターを開設した。
個別プログラムを組み、育成期間の2年で栽培技術や経営を学び、産地実習後に地域へ就農する。

世の中の後継者・人材不足と就職難というおかしな現象と、機会均等という嘘に塗れず、
この事業で島に笑顔が実り、昔ながらの段畑風景が瀬戸内に戻ればと思う。

NAWATA

◎ 大崎下島を舞台のモデルに制作された映画『ももへの手紙』公開中
◎ もも旅 → http://momo-tabi.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-05-04 02:32 | 阿多田島 | Comments(0)
島の窓
f0235409_22312341.jpg

島の町並みを歩く楽しみのひとつに『 窓 』がある。
最近では滅多にみなくなった型板ガラス(ロール型で模様を入れた半透明ガラスのこと)も、
昭和初期〜中期に建てられた家が多く残る島では、古い型板ガラスの窓をよく見かける。
昔は数十種類もの模様が存在したそうで、うちの実家にも『銀河』や『クローバー』といった、
わりと見かけやすい模様の型板ガラスがはめ込まれていたのを覚えています。

写真の型板ガラスは初めてみる模様で名前はわかりませんが、
きっと、女性が目にする機会の多い場所での使用を考慮したのでしょう、
丸みのある模様を選んだ大工の心配りに好感が持てます。

年季の入った木枠に、レトロな模様の型板ガラス。厚さ2mm程度の向こうから感じる生活感。
そして、使用する場所を考慮して模様を選んだであろう昔の大工の心配り・・・」
それらが程よく調和し、物語を感じる自分好みの窓を見付けると、
なんだか少し得した気持ちになるのです。

Nakagawa
[PR]
by shimaproject | 2011-05-25 23:59 | 阿多田島 | Comments(0)
ページトップ