S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
カテゴリ:倉橋島( 10 )
音戸
f0235409_19425643.jpg

本土と倉橋島間の音戸の瀬戸は、平清盛の開削伝説が有名。
厳島神社参詣の為に開かれた瀬戸を再び繋ぐ音戸大橋は1961年開通した。

有料期間は30年を予定していたが、半分以下となる13年で無料となった。
それはいかに望まれて行われた公共事業かを物語っている。

瀬戸内海初の離島架橋が作る活気ある陸路と水路の交差点。
第二音戸大橋も架かる中で、渡船がまだ健在というのも音戸の魅力だろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-10-27 20:00 | 倉橋島 | Comments(0)
島の記憶 146 ー倉橋島・鹿老渡ー
f0235409_21461947.jpg

参覲交代の海路の中継地として、江戸中期に整備されたという鹿老渡集落。
入り組んだ路地を歩く時のワクワク感はないが、整然とした集落を歩くのは気持ちがよい。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2016-09-05 21:49 | 倉橋島 | Comments(0)
桂浜
f0235409_194946100.jpg

遣唐使船を作ったとされる本浦は古くから栄えた造船の地。
修理もできるからか、遣新羅使等の寄港地の一つに選ばれていたようだ。

遣唐・新羅使の寄港地は正史に無いが、それを伺わせる物は残っている。
万葉集に収まる遣新羅使が航海中に地名を入れて詠んだ歌。

その内の一首で長門の島の小松原と歌われているのが桂浜。
往路に希望と不安を復路に安心を胸に、何人がこの風景を眺めただろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-03-10 20:00 | 倉橋島 | Comments(0)
島の記憶 119 ー倉橋島・藤脇ー
f0235409_2011127.jpg

石垣を洗う波の音しか聞こえない。潮の香りに包まれながら目についたバス停を撮った。
本土の大型商業施設へ行くというお婆さんを一人乗せ、走り去るバスを見送った島での日曜日。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-02-22 20:22 | 倉橋島 | Comments(0)
旧道
f0235409_1824599.jpg

能美島と繋がる早瀬大橋の下をくぐる。道なりに進み吸い込まれるようにトンネルに入った。
新しいバイパスに乗ってしまったらしく、車窓は集落を見下ろすような景色に。

途中から海へ向けて旧道に入ると目には島らしい家並み。海辺に出て傍らにクルマを止める。
歩いて旧道を戻ってみると、以前に何度か通った道だということに気がついた。

その頃は平成の大合併前の音戸町。角には倉橋島への道案内を示す看板があったように思う。
見覚えのある風景に記憶が甦る。便利なバイパスを捨て思わぬ拾いものをした。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-02-11 18:30 | 倉橋島 | Comments(0)
櫛比
f0235409_2014563.jpg

南北に天然の良港を持つ鹿老渡の歴史は、倉橋本島から36人が移住したのが始まり。
砂州上に集落を築き、風待ち潮待ちの沖乗り航路の港町として栄えた。

南の下浦と北の日ノ浦を繋ぐ南北の道と、その中央に交わる東西の道。
当時の地図を見ると海沿いに変化があるが、城下町のような区割は今に生きている。

港町としては問屋的発達がなく、造船業が衰退すると農業漁業の道を歩み今に至る。
陸繋島に跨がる静かな集落。隙間なく並ぶ家々を眺め往時を想像した。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-01-14 20:30 | 倉橋島 | Comments(0)
町界
f0235409_20115062.jpg

港に沿って広がる家々の屋根。一つの集落のように見えて実は違う。
中央に流れる川を境に北側が藤脇(ふじのわき)、南側を釣士田(りょうしだ)という。

川は旧音戸町と旧倉橋町の境で、2011年3月に開通したバイパスも町界で名称が変わる。
平成の大合併後に同じ呉市となっても、続く区別がとても興味深い。

この地の歴史を遡れば、中世の頃には小早川氏勢と多賀谷氏勢との境界であったという。
歩くと掲示物の表記が突然変わる驚きは、他所に無い面白さだった。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2015-12-10 20:30 | 倉橋島 | Comments(0)
島の記憶 107 ー倉橋島・鹿老渡ー
f0235409_149751.jpg

日の浦港近くで見つけた風景。自家用と思われる瀬戸内の冬の風物詩デベラ干し。
戦後商品化した物で、元々は漁民だけが食べていたというから、これが本来の姿なのだろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2015-11-23 14:30 | 倉橋島 | Comments(0)
夏一直線。
f0235409_4271791.jpg

寒く長い冬が終わり、春が来たと喜んだのも束の間、あっと言う間に夏になったかのような気温。
一ヶ月前倒しのクールビズも手伝ってか、今日は半袖姿もよく見かけ、さらに夏の様な感覚に。
節電が昨年以上に叫ばれそうな今夏。早めの暑さ対策が必要かもしれませんね。

去年は『ネクタイクーラー』なるものをしてる人を発見しましたが、
今年は一体どんな新(くだらない?)アイテムが登場するのかも、今から楽しみです。

※写真は、倉橋島の鹿老渡から鹿島の瀬戸地区を撮影したもの。

Nakagawa

<大崎下島を舞台のモデルに制作された映画『ももへの手紙』公開中>
◎ もも旅 → http://momo-tabi.jp/

<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-05-02 04:40 | 倉橋島 | Comments(0)
日の出
f0235409_19514442.jpg

誰が始めたのか明治以降に広まった初日の出(ご来光)を拝む風習。
今年は拝めなかった地域も多かったようですが、皆さんの所はいかがだったでしょうか?

仏様のご来迎をなぞらえてご来光と呼ぶようになった初日の出、
そこに年籠り(としごもり)という行事や年神信仰が付け加えられたようですが、
本当はそんな意味合いはどうでもよく、1年で最初の日の出ということが、
区切りを重要視する日本人の心に響き、普段以上に荘厳な美しさを感じさせるのでしょうね。

2012年はなにかと難しい年になりそうですが、暗闇を掻き消す日の出のように、
この日本に明るい陽射しがさし込んでくれることを祈るばかりです。

ちなみに写真は『倉橋島・奥の内港』にて2011年8月14日に撮影したもの。
初日の出でもなく、まして冬でもない真夏の早朝写真なので、
新年早々なんだか申し訳ありませんが、今年も水曜日はこんな感じですので、
どうぞ大らかな気持ちでご覧いただけたらと思います。

Nakagawa

<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-04 19:54 | 倉橋島 | Comments(0)
ページトップ