S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
カテゴリ:百島( 26 )
島の記憶 100 ー百島・本村ー
f0235409_2259470.jpg

百島の由来のひとつに、桃樹が多い事から桃島。やがて『桃』が『百』に変わり現在に至るとある。
広い平地が印象的だった本村地区の外れで、その名残りらしき樹を一本見つけた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2015-10-05 23:01 | 百島 | Comments(0)
店先
f0235409_2032357.jpg

泊港から福田へ戻る道すがら、迷い込むかたちで店先に出た。
幼い頃に住んでいた町の商店を思い出す、懐かしい雰囲気がそこにあった。

通りかかれば声を掛けられ、良い事も悪い事も筒抜けになる顔見知り同士。
今で言う子供の見守りが、ごく普通に住む町で行われていた。

顔見知りが店に来ない。情報は店先からすぐに広まるはずだ。
高齢化の進む地域の店は、お年寄りの見守りに役立つ場所でもあると思う。

NAWATA

◎『卓上カレンダー2015』 発売中!!http://www.shimaproject.jp/sp/calender.html
 ※カレンダーの受付は『 1月18日(日)』 迄です。
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2015-01-15 20:00 | 百島 | Comments(0)
光景
f0235409_2153731.jpg

水面に映る明かりを揺らし、闇の中を浮かぶように進むフェリーの姿は美しい。
桟橋から島へ駆け上がる車の後ろから、賑やかな人の群れが現れる。

静かに主人を待っていた自転車やバイクが、家路を急ぐ光となって散ってゆく。
乗降客が祭りの行列のように通り過ぎ、港は元の静けさを取り戻す。

島で繰り返される何気ない日常の光景に出会い、心動かされる理由は何だろう。
気づいているのは、訪問者としての高揚感だけではないということ。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2014-09-05 21:00 | 百島 | Comments(0)
燈籠
f0235409_20305896.jpg

泊港にある波止の先に立つ石燈籠。灯台の役目を果たしていたものを移設したのだろう。
提灯くらいだと思える明るさが、沖から見えるものだろうか。

船が沖合を航行するようになったため、現代の灯台は眩しい。
背景に溶け込まないよう明るく、より遠くへと光を運ばなければならなくなったからだ。

岸に並ぶ人家の明かりも疎ら。自然や人の力で、岸近くをゆっくりと船が進んでいた頃。
揺らぐ微かな火でも、暗闇の中で頼もしく見えたに違いない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2014-03-07 20:33 | 百島 | Comments(0)
島の記憶 17 ー百島・泊ー
f0235409_21123227.jpg

拝殿に貼ってあった小さな紙。
何人の子供が読んだことだろう。境内で遊んだ経験を羨ましく思った。

NAWATA
[PR]
by shimaproject | 2014-02-10 21:11 | 百島 | Comments(0)
島の記憶 1 ー百島・泊ー
f0235409_22113740.jpg

家から海が驚くほど近い。
防潮堤という垣根の低さが、この海の穏やかさを伝えていた。

NAWATA

<今回取材した『上関・長島』の写真と紀行文は下記サイトでご覧いただけます>
◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-10-07 22:13 | 百島 | Comments(0)
映画
f0235409_2365838.jpg

百島で見かけた映画館跡。上映時には島内へ向け案内の放送が流れたという。
老若男女が一所で同じ映画を楽しみ、家路は家族や近所の人とその話で盛り上がったことだろう。

全国の映画館年間入場者数が、10億人を超えていたという1950年代後半。
娯楽の王様と言えた映画は、テレビの台頭により徐々に集客力を失ってゆくことになる。

映画は映画館という共同体験の場から、テレビ、パソコン、携帯電話と上映規模は小さくなるばかり。
手軽に楽しめる分、一本の印象も薄れてしまうように思えるのは気のせいだろうか。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-11-16 23:08 | 百島 | Comments(0)
道筋
f0235409_1472059.jpg

百島に大規模太陽光発電所が建設されるという。
塩田跡地である市所有の遊休地を利用、売電目的の建設で島内全戸へも供給されるそうだ。

手元にある本の百島紹介文に、昭和36年人口2400人とある。現在は580人で65歳以上が64.5%。
島外に仕事を求めて人が減った事を思えば、発電所員という新たな雇用に期待が膨らむことだろう。

上げ浜式塩田から入浜式塩田と塩を作ってきた島の歴史は、何十年も前に途絶えた。
塩田が時を経てパネルが並ぶ太陽の圃場となる。高齢化の進む島に輝ける道が開かれる事を願う。

NAWATA

<最新取材島『下蒲刈島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-06-08 01:54 | 百島 | Comments(0)
重厚
f0235409_152964.jpg

百島造船に近い浜辺で見かけた小さな一艘の船。
使い込まれた船体に時の重みを感じ、風格さえ漂わせているように見えた。

ここ百島で毎年1月に行われる伝統行事『お弓神事』が尾道市無形民俗文化財に指定された。
伝統と県内弓神事中、最大の射手であることに加え地域親睦の場になっているのが選定理由だという。

一朝一夕でできたものには出せない、積み重ねによって生まれる説得力。
幾度となく海へ出たであろう船、室町時代に起源を持つ神事、どちらにも格好良さを感じる。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2011-10-28 23:58 | 百島 | Comments(0)
百島の道祖神
f0235409_313263.jpg

百島を訪れて驚いたことがひとつ。それは道祖神の数。
島の至る所で見受けられ、『一軒に一道祖神?』と思うほどの多さでした。

塞神(さえのかみ、さいのかみ)ともいう道祖神。
ご存知のとおり、主には村や集落の守り神としてその境に置かれ、
厄才を防ぐ結界の役割をはたしているのですが、違う角度からみてみると、
その家、その村落の『裕福度をはかるバロメーター』ともいえます。

道祖神をつくるには当然お金がかかるため、そのお金を捻出できない村落や家々では、
程よい(ご利益のありそうな?)石を配置してその変わりとしていたそうです。
たぶん昔は、このケースの方が多かったと推測しますが、
のちに裕福になった家は、道祖神代わりにしていた石を本物の道祖神に変えていき、
また何かのきっかけで村全体が裕福になった場合は、
村全体がいっせいに石を道祖神に変えたいったそうです。

それで有名になったのが安曇野(長野県安曇野市)ですが、そういう観点からみると、
百島は昔から裕福な家々が多かったと、伺い知ることができますね。

Nakagawa

<島プロジェクトで取材した各島の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2011-07-27 03:25 | 百島 | Comments(0)
ページトップ