S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
カテゴリ:生名島( 13 )
哲学の小道
f0235409_226695.jpg

京都にある「哲学の道」が、外国人に人気の観光スポットのひとつになっているそうだが、
実は瀬戸内海に浮かぶ島の中にも同じ名の道が存在する事をご存知だろうか。

もっともこちらは「小道」となっていて、島民すらその存在を知る人は少なかったので、
島外の人が知る由もないのだけれど、生名八幡宮境内よこにちゃんと案内板も立ててある。

哲学者西田幾多郎よろしく、生名島の名もなき哲学者が散策しているのだろうか。
なんて事のない小道の筈が、遊び心のある看板一つで、想像を膨らませる道となっていた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

▼哲学の小道
f0235409_22171796.jpg

[PR]
by shimaproject | 2016-09-22 22:18 | 生名島 | Comments(0)
師走
f0235409_23325835.jpg

あっと言う間に12月になりました。
今年も残り1ヶ月をきったかと思うと、ただただ驚くばかり。

1年単位で考えると、本当にあっと言う間の気がしてなりませんが、
仕事場にいる時は時間が経つのがとても遅く感じるから不思議です。

毎年この時期になると何かと気忙しくなりがちですが、
そんな時はこのブログでも見て、一息ついてみて下さい。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2015-12-03 23:37 | 生名島 | Comments(0)
島の記憶 41 ー生名島・立石ー
f0235409_141877.jpg

因島土生港と生名島立石港間の所要時間は僅か3分。平日の通勤帯は10分に1本運航される緊密さ。
最終便は23時。ここほど、帰る船の時間を気にせず過ごせた離島は他にない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2014-07-28 20:30 | 生名島 | Comments(0)
夢島
f0235409_19422774.jpg

生名島から眺める岩城島。2島は同じ自治体に属する為、これは町内の風景になる。
羨ましくなるような環境の自治体名は上島町。島だけで構成されているのは全国でも珍しい。

弓削島と佐島、佐島と生名島間は架橋済み。3島を結ぶ道は、ゆめしま海道と名付けられる。
生名島と岩城島の間を直接繋ぐ航路は無いが、平成30年代前半に岩城橋が完成予定。

4島が橋で繋がり海道が完成すれば、効率化という名で生活に大きな変化が生まれるだろう。
ゆめしま海道がその名の如く、町民にとって夢の懸け橋になることを祈るばかりだ。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2014-06-27 20:30 | 生名島 | Comments(0)
買物
f0235409_2284860.jpg

ある物に興味を持ったり、欲しくなったり。まず始めるのは、検索という手軽な情報収集。
検索を始めると、打ち込んだ単語で好みを見極めて、似た情報や関連商品を提供しようとする。

探し出す苦労も見つける喜びも取り上げられ、座したまま手に入れられることが当然となった。
目的達成のために一直線。他店に寄れない行程には無駄がなく、企業の思惑も見えてくる。

重みを感じぬ買物カゴに、とんでもない速さで届く商品。何度やっても呆気なく不思議な感覚。
人から買いたいという気持ち。何処かにある物を見つける力。使い分けが肝心なのだろう。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-10-18 22:09 | 生名島 | Comments(0)
黄金
f0235409_0172896.jpg

黄金週間も後半。各地で連日のように催物が開催され、賑やかなことだろう。
連休を楽しむ人達の一方で、休むことなく楽しみを支える人達がいて、そこに繋がる人達がいる。

そちら側では、この期間が黄金に見える事もなく、輝くような思い出も作れないのだろうか。
何処かへ出かけなければいけないような風潮だから、それができないと何となく心苦しくなる。

良い思い出は、時間と出費とを引き換えに、手に入るだけのものではないはず。
今年は愚痴らず諦めず、自分なりの輝きを見つけたい。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-03 23:58 | 生名島 | Comments(0)
日没
f0235409_15334089.jpg

仕事を終えると、既に外は真っ暗。
秋の日は釣瓶落とし。とは、よく言ったものだと思う。

街中に施された電飾が、急き立てるように年末を演出している。
今年も残すところ一月となった。

どれだけ感動できただろうか。
それを一年の出来不出来を判断する、ひとつの目安にしている。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-11-30 23:58 | 生名島 | Comments(0)
続々・立石山からの眺望
f0235409_86108.jpg

どこからともなく「またか」との声が聞こえてきそうですが、
今回も立石山からの眺望をご紹介します。

先週から大きく左に視線をずらし、南へ向いて撮影したのが上記の写真。
眼下に広がるのは恵生集落。ミニバイク専用の生名サーキットやいきなスポレク公園があり、
海を隔てて大型クレーンが見える所が、造船所並みの設備がある岩城島のイワキテック。
生名島と岩城島の間の長江瀬戸を抜け、中央にみえる島が赤穂根島、
その左から少し顔をだすのが弓削佐島で、その奥に薄らと目にできるのが、
明神島、美濃島、梶島となります。

3週に渡りご紹介してきた立石山からの眺望。
単に景観だけで考えると、隣島の標高のある積善山展望台や因島公園展望台には及びませんが、
それでも、この景観は島の財産。まして、山頂の遺跡や周辺施設を鑑みると、
島の観光資源として、もっと活用できそうな感じがします。

生名島だけでなく、いままで巡ってきた島の中にもそう感じることは多く、
予算と人手が乏しい中で、どういう風に眠っている観光資源を掘り起こして行けるかが、
その島の今後を左右する要因のひとつだと感じます。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → "http://www.facebook.com/shimaproject"
[PR]
by shimaproject | 2012-11-28 08:02 | 生名島 | Comments(0)
続・立石山からの眺望
f0235409_3563796.jpg

先週の水曜日にアップした写真から左(西)に視線を移すと、
ちょうど岩城島の小漕港から生口島の洲江港へと向かうフェリーが見てとれた。

2008年に岩城島へと取材にいった際に利用した、わずか5分の航路。
天候や時間配分のミス、ちょっとしたトラブルもあり、メンバーそれぞれに消化不良だった岩城島。
いつかまた撮り直しに来ようと思いながら乗船した帰りのフェリー。

薄い水色の海に白い航跡を残し、ゆったり進むその姿を眺めながら、
あれから4年も経つのかと、過ぎ行く時間の早さに少々驚いた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → "http://www.facebook.com/shimaproject"
[PR]
by shimaproject | 2012-11-21 04:10 | 生名島 | Comments(0)
立石山からの眺望
f0235409_22301842.jpg

写真は生名島『立石山展望台』付近の眺望です。
付近としたのは、展望台が朽ちて、立ち入り禁止になっていたので、
展望台の手前にある大岩から撮影している為ですが、
見晴らしもここが一番良いと思うので、撮影にはここがオススメです。

ここ立石山は、山腹には住居跡、麓にはメンヒルという謎の巨石と、
弥生時代のものとされている遺跡が多く見付かっており、
展望台からさらに山頂へと向かうと、祭祀遺跡『磐座』があります。

こうした古代人の痕跡が多く残る立石山から瀬戸を眺めていると、
古代人もこんな風に景色を眺めることがあったのだろうか?
なんて、悠久の時代に想いを馳せたりしたくなります。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2012-11-14 22:33 | 生名島 | Comments(0)
ページトップ