S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
山場
f0235409_22514498.jpg

厳島合戦は日本三大奇襲戦のひとつ。毛利家と下克上で大内家を手中にした陶晴賢との戦い。
宮島桟橋前に残る要害山に毛利は囮の城を築き、謀略により大内軍は島へおびき出される事となる。

暴風雨に隠れ毛利本軍が未明に島へ上陸し、狭い地域に布陣した大内軍の虚を突く。
混乱と敗走。島へ大軍で押し寄せた時点で大内軍の末路は決まっていた。

晴賢が島からの脱出を諦め、逃れ辿り着き自刃したという高安原の位置は、厳島ほぼ中央の山中。
木漏れ日の中、両家の盛衰を分けた戦いに思いを馳せた。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-27 22:55 | 厳島 | Comments(0)
大長の長雁木
f0235409_141968.jpg

大長の長雁木といえば、潮の干満に左右されることなく荷物の積み降ろしができるように、
人工で造られた入り江『北堀』と『南堀』の一部に石で築かれた階段状の護岸で、
大正・昭和とみかん栽培が最も盛んだった頃の大長を物語るモノのひとつだ。

しかしその雁木も、遠からず姿を消す。

写真は2年前に訪れた大崎下島・大長地区の北堀を撮影したもの。
高潮で度々冠水するこの地域の安全対策として、今後約10年をかけて護岸改修工事が行われる予定。
古い雁木を残す工法はコストが合わず断念せざるをえなかったようで、
せめてモニュメントにでもと、いまは雁木の一部の石をベンチとして再利用したそうだ。

今回のケースに限らず、地元住民の生活環境や遺構等の維持管理費といった様々な問題をクリアし、
歴史や文化を後世に残し繋ぐことは、容易ではないことを改めて感じた。

Nakagawa

<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-25 01:25 | 大崎下島 | Comments(0)
反映
f0235409_0201424.jpg

厳島の大江浦から見る大野瀬戸。カキ養殖の抑制棚が並ぶ風景は壮観だ。
抑制棚とは採苗されたカキの幼生が、沖合のカキ筏に移されるまで過ごす場所。

天然のカキは干潟や岸壁で育つため、引潮により干されたり、また摂餌が制限される。
その環境を養殖カキへ与えることで環境変化に強くし、成長・成熟を遅らせる目的もあるそうだ。

良い住環境に置かれ、常に食べられる状態にあれば、身ばかり大きくなり味が落ちるという事。
人もきっと同じ。『若い時の苦労は買ってでもせよ』とは、よく言ったものだと思う。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-20 00:22 | 厳島 | Comments(2)
恐竜!?
f0235409_23545995.jpg

しまなみビーチに隣接するアメニティ公園でなんと恐竜を発見!!
こんな所になぜ恐竜のオブジェが?と思って調べたところ、
なんでも1989年に広島で開催された『海と島の博覧会』で使用されたものを、
博覧会終了後にここ因島に移設したとのこと。
大きさは実物大(?)ほどあり、名前は『ザウルス』君というそうです。
因島に行かれた際にはぜひこの恐竜と記念写真でも^^

Nakagawa

<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-18 23:57 | 因島 | Comments(2)
島味
f0235409_150131.jpg

豊島のタチウオ漁は網を使わない一本釣りの為、傷が少ないことから瀬戸の名刀とも呼ばれる。
しかし、地域資源があるにも関わらず、豊島の漁業をめぐる状況は厳しい。

そんな漁業の活性化を図るため、豊島タチウオのブランド化への取り組みがある。
結果のひとつが、アラから取るダシを活かしたスープの『豊島ラーメン』の商品化。

姉妹品『とよしま漁師うどん』に続き、新たに藻塩を使った『しおラーメン』が加わった。
島の味を街で見かけては食するようにしているが、訪れた島の特産品ならば美味しさも格別だ。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-13 11:58 | 豊島 | Comments(2)
演出
f0235409_220835.jpg

対岸が夜の闇に溶け、落ち着いた背景に建つ大鳥居に足を止めて見入る人は多い。
簡素な空間に対象物を際立たせる夜の演出に、どこか日本的な美しさを感じる。

内にも外にも物は溢れているが、受け継いでいるはずの日本の美は、
今では意識して探さないと見つからないまでになってしまった。

平安時代の平氏も戦国時代の毛利家も江戸時代の浅野家も見たことはない闇に浮かぶ大鳥居。
我々が遠く及ばない美意識を持つ先人達に、少しだけ自慢できる景色ではないだろうか。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-06 11:58 | 厳島 | Comments(0)
日の出
f0235409_19514442.jpg

誰が始めたのか明治以降に広まった初日の出(ご来光)を拝む風習。
今年は拝めなかった地域も多かったようですが、皆さんの所はいかがだったでしょうか?

仏様のご来迎をなぞらえてご来光と呼ぶようになった初日の出、
そこに年籠り(としごもり)という行事や年神信仰が付け加えられたようですが、
本当はそんな意味合いはどうでもよく、1年で最初の日の出ということが、
区切りを重要視する日本人の心に響き、普段以上に荘厳な美しさを感じさせるのでしょうね。

2012年はなにかと難しい年になりそうですが、暗闇を掻き消す日の出のように、
この日本に明るい陽射しがさし込んでくれることを祈るばかりです。

ちなみに写真は『倉橋島・奥の内港』にて2011年8月14日に撮影したもの。
初日の出でもなく、まして冬でもない真夏の早朝写真なので、
新年早々なんだか申し訳ありませんが、今年も水曜日はこんな感じですので、
どうぞ大らかな気持ちでご覧いただけたらと思います。

Nakagawa

<島プロジェクトで取材した島々の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-04 19:54 | 倉橋島 | Comments(0)
願い。
みなさま新年あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、それぞれがいろいろな願いを絵馬にこめる。
ひとりひとり願いは違っても想いはひとつ・・・それは願いが叶ってほしいということだと思います。
絵馬に限らず、初詣でのお参りも同じ・・・やはりひとりひとりの願いがそこにはあります。
この整然と並んだ数多くの絵馬のひとつひとつに、
ひとりひとりの想いがこもっているのでしょう。

本年もShima Project Web.および ShimaPro BLOGをよろしくお願いいたします。
この2012年がみなさまにとってより良い年であります事を願っております。



◎島プロジェクト→ http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-01-02 01:27 | 厳島 | Comments(0)
ページトップ