S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
<   2012年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧
弓削佐島 『西方寺』
f0235409_855339.jpg

写真は弓削佐島にある西方寺境内で撮影したもの。
黒川が書いた佐島のレポートにもある通り、弓削島の自性寺の末寺と言われ、
明治初期にはお寺を借りて研精小学校が開設されていた西方寺。
元々は保育所(元小学校)近くの小高い山の上に鎮座していたようですが、
四百年前に火事が起こり、お寺も資料も焼失したとのこと。
歴史が古く、島全体が荘園だったことを考えると、
もし資料が残っていれば、様々な逸話が知れたかもしれませんね。残念です。

そうそう、ここにはとても興味を惹くモノがあり、
そのインパクトたるや大なので、来週はそのご紹介をしようと思います。

Nakagawa

<最新取材島『弓削佐島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-31 08:07 | 弓削佐島 | Comments(0)
路傍
f0235409_232154.jpg

ヒヨドリの甲高いさえずりが聞こえ始め、これから寒くなってゆくのだなと、ぼんやり思う。
朝晩が冷え込むようになり、空気が澄み空は高く、夜は星が綺麗に見えるようになった。

夜の帰り道で何処からか金木犀の香りがした。ほのかな香りが秋を告げている。
朝それを感じないのは、ゆとりがないからなのか、暗がりが香りを際立たせているからなのか。

花であれ鳥であれ、自然からのささやかな知らせを感じられる時、心にはゆとりがあるのだろう。
窮屈になりがちな日常の生活。立ち止まることで、見えてくるものもある。

NAWATA
<最新取材島『弓削佐島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-26 23:23 | 大崎上島 | Comments(0)
お裾分け
f0235409_316436.jpg

佐島港で早めの昼食中。携帯でなにやら話しながら浮桟橋へと歩くおじさんが目に入った。
なんとなく気になり眺めていると、そこへタイミングよく一艘の船が着岸。

「つながって良かった」と船のおじさん。「いつもありがとうございます」と桟橋のおじさん。
詳しくは聞き取れなかったけれど、そんな感じの会話がされたようで、
釣りたての魚が入っているだろうビニール袋を手渡すと、会話もそこそこに船は出発した。

なんとも島らしいお裾分けの瞬間を目撃でき、なんだかこちらも得した気分になったのでした。

Nakagawa

<今回取材した『弓削佐島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-24 03:33 | 弓削佐島 | Comments(0)
目前
f0235409_1551164.jpg

中央右が大下島、左に柏島、その右上に肥島。彼方に見える四国今治市、山頂が雲に隠れる石鎚山。
今治までしまなみ海道で繋がるが、ここ大崎上島木江港から隣の大三島宮浦港への航路が廃止。

柏島横に見える大三島の宗方港を経由し、今治港を3往復していた快速船が廃止。
同航路はフェリーのみになり、それも4往復から2往復へ減便。過疎化による利用減がその要因。

目の前の島へ渡る手段が無くなる、限られるということは、道がなくなるようなもの。
不便と思う島民が減れば、航路も減り続ける。島々で港が寂れてゆくことが、目の前に迫っている。

NAWATA

<今回取材した『弓削佐島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-19 01:57 | 大崎上島 | Comments(0)
Reporto&Photo Galleryに『弓削佐島』追加
f0235409_1343567.jpg

本日、Shimaproject Web.に『弓削佐島』のReporto&Photo Galleryを追加。
そして、各メンバーのMy Select Photo'sも更新しました。

弓削佐島は愛媛県越智郡の上島諸島に連なる島で、
以前、弓削島を取材した時に、一度訪れたことがあります。
その時は車でさっと一周しただけでしたが、島らしさを感じるその景観に、
今度はゆっくりと回ってみようと話していた島でした。

それから3年振りの訪問となった弓削佐島。
メンバーそれぞれが心動いた佐島の風景や情景をご覧いただきながら、
集落も人も、島全体が長閑な時間で覆われているような雰囲気を、
少しでも感じ取っていただけたら幸いです。

Nakagawa

<今回取材した『弓削佐島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/

◎フェイスブック → "http://www.facebook.com/shimaproject"
[PR]
by shimaproject | 2012-10-17 11:17 | 弓削佐島 | Comments(2)
永続
f0235409_2481927.jpg

上蒲刈島大浦地区の櫂伝馬船が、60年ぶりに2隻新造された。
1隻は長年祭りなどで募った寄付金で、もう1隻は個人の寄付によるもので、伝統への想いが伝わる。

船大工の減少に重ね高齢化。新造はままならず、倉橋島にある造船会社に発注するという形に。
木造船の需要が見込めない以上、後継者は育てられず、やがて技術は廃れてしまうだろう。

伝承されてきた手仕事を存続させる難しさは、木造船に限ったことではない。
民具等は不便という名の下に消え始めている。身近な文化にもっと注目しなければと思う。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-12 02:51 | その他 | Comments(2)
清盛と舞楽
f0235409_19331.jpg

メインストリートから少し離れた所にあるけれど、
休日なので、さぞ参拝客が多いだろうと予想していた清盛神社でしたが、
思ったよりもかなり参拝客が少なく、
何だかそれが、いまの大河ドラマの視聴率を物語っているようで・・・
面白いと思うんだけどなぁ〜。という個人的見解はともかく、
清盛が伝えたとされる伝統芸能『舞楽』が観れる菊花祭が、
10月15日(月) 18時頃より厳島神社で執り行われます。

インド発祥で、中国・朝鮮などを経由して伝わった舞楽ですが、
現在では日本でしか観る事ができません。
平日ではありますが、お時間の都合がつく方がおられましたら、
厳島まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

◎菊花祭の詳細はコチラ http://www.miyajima.or.jp/event/event_momoka.html

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2012-10-10 01:26 | 厳島 | Comments(0)
名残
f0235409_002919.jpg

現在は上島町となっている生名村。港前で見つけた看板に、村だった頃の名残を見つけた。
平成の大合併により、全国で多くの地名が消えてしまったのが惜しまれてならない。

地域の成り立ちを表す意味のある地名。それを後世の者が都合で変えて良いものだろうか。
村名が町名に。字名や自治区名で残るなら良いが、まとめて新たな地名となる事には違和感がある。

平成の大合併での市町村減少率全国一位が広島県、二位が愛媛県と瀬戸内海で向き合う二県。
地名は地域を縛る記号というだけでなく、土地の記憶でもある。伝統行事は統合せず守って欲しい。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2012-10-05 23:58 | 生名島 | Comments(0)
瀬戸内しま博覧会(仮称)|キックオフシンポジウム開催のご案内

2014年に開催予定されている『瀬戸内しま博覧会(仮称)』。
幾度か新聞の記事にもなっているので、既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
そのしま博の開催に向けた「キックオフシンポジウム」が、
10月11日に大三島で開催されるようです。

当日は、広島県と愛媛県の両県知事によるトークセッションや、
両県合わせて6名のパネリストによるディスカッションなどが予定されており、
瀬戸内しま博覧会(仮称)の内容はもちろん、島のことに関しても話が及ぶはず。
開催日は平日で、メンバー全員参加が叶いませんでしたが、
ぜひ、継続性の見込める未来を見据えたイベントになるように、
皆さんで話し合って欲しいと思います。

このシンポジウムは、申し込めばどなたでも参加できるようなので、
もし、ご興味のある方がおられましたら、
参加申込が『 10月5日(金)まで 』になっていますので、
お早めにお申し込みされてはいかがでしょうか。

申込先・開催場所は下記通りです。
◎株式会社エス・ビー・シー Tel 089--31-6003
◎開催場所/大三島・村上三島記念館(多目的ホール)
◎開催日時/2012年10月11日(木) 13:30〜15:30

※チラシをクリックすると拡大できます

f0235409_2047056.jpgf0235409_2047983.jpg
[PR]
by shimaproject | 2012-10-03 00:00 | お知らせ | Comments(0)
ページトップ