S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
大久野島めぐり
f0235409_8263353.jpg

いまでは『ウサギの島』というイメージが定着していますが、
島内には数多くの戦争遺跡が点在している大久野島。
写真は、その戦争遺跡のひとつ。日清戦争時に建てられた火薬庫跡です。

先日『今週末行く、お勧めの島を教えてください。』と言われたので、
悩んで悩んで、この大久野島を推薦してみました。
兎との触れ合いはもちろんのこと、いまなら時期的にも、あまり虫を気にせず、
島内に点在する戦争遺跡を散策する事もできます。

また、3月20日までは、竹原町並み保存地区で『竹原まちなみ雛めぐり』という、
女性やお子さんにお勧めのイベントも行われているので、
大久野島とセットで観光されても良いのではないでしょうか。

Nakagawa

◎大久野島の紀行文 → http://www.shimaproject.jp/Report02-Ohkunoshima.html
◎竹原まちなみ雛めぐり → http://www.takeharakankou.jp/event/hinamaturi/
[PR]
by shimaproject | 2013-02-27 08:27 | 大久野島 | Comments(0)
展望
f0235409_21101358.jpg

3月から岡山駅・宮島口駅間に、瀬戸内の景色を眺めながら、昼食を楽しむという臨時列車が走る。
大阪・札幌間を結ぶ寝台特急トワイライトエクスプレスの車輛を使用して運行されるそうだ。

牽引するのはEF81ではなくEF65。客車を引く姿に往年のブルートレインを思う人もいるだろう。
旅立ちの代名詞のようだった寝台列車。時間に使われるのではなく、時間を使っていた頃の話。

今あえて遅い移動手段を選び、穏やかな海に島が浮かぶ瀬戸内海の景色を味わう贅沢。
乗れなくとも、車輛くらいは見てみたい。体の中の僅かな鉄分が囁いた。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-02-22 22:22 | その他 | Comments(0)
因島観光物産展
f0235409_0474870.jpg

写真は、因島公園から見下ろした土生町。
赤・青・黄に、緑や茶色、いろんな色の屋根があるもんだなぁ〜と、
感心しながら撮影したのを覚えています。

ここ因島は大きな島で、産業も観光資源も豊富。
また、物産にも力を入れ、そのレパートリーはご覧の屋根の色より豊富です。・・・と、
かなり無理なこじつけから、話題を移そうとしてしまいましたが、
今週末(24・25日)、東京銀座にある広島のブランドショップ『 TAU 』にて、
その豊富なレパートリーを堪能できる『因島観光物産展』が開催されます。

某TV番組で一躍有名になった『はっさく大福』を筆頭に、
魅力的な物産も数多く用意されているようなので、
近郊にお住まいの方は、ぜひ足をお運びいただければと思います。

ちなみに、TAUは広島弁の「たう」で、「届く」という意味です。
きっと、広島の良いモノを、多くの人の手に"たう"ように。との願いが、
店名に込められているんでしょうね。

Nakagawa

◎因島観光物産展の詳細はコチラhttp://innoshima.no-blog.jp/

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2013-02-20 23:59 | 因島 | Comments(0)
朦朧
f0235409_23511747.jpg

やっと訪れた島へ行く日が黄砂に見舞われ、霞む景色を恨めしく眺めた。
最近は黄砂以外に、PM2.5という厄介な微小粒子状物質が隣国から飛んでくるようになった。

報道で見る淡い茶褐色の空は、幼い頃に体験した光化学スモッグを思い出させる。
警報が出れば窓を閉め校舎から出られず、下校時には外で遊ぶことを咎めらた公害の苦い記憶。

経済成長の裏に環境破壊あり。省みない成長がこの先、公害病を生みはしないのだろうか。
公害を経験し対策をした国に向ける照準は法律や防止技術であり、その国の船ではないのでは。

NAWATA

◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-02-15 23:52 | 三角島 | Comments(0)
お試し定住体験
f0235409_2364376.jpg

温暖な気候、ゆったりとした時間、美味しい食材・・・・・
島暮らしを憧れるキーワードは沢山ありますよね。
ただ、島への移住や定住を本格的に考えると、現実的な問題もでてきて、
なかなか勢いだけで行動することは難しいと思います。

仕事はあるのか? 地域に溶け込めるだろうか? 住む家はどうだろう?・・・

大崎上島では、そんな不安や問題を少しでも解決し、
移住や定住をお考えの方を支援していく為の取り組みが行われています。
その中でも特に面白いと感じた取り組みが『お試し定住体験』です。

低価格で長期間滞在できるので、様々な不安解消に繋がり、
実際に暮らしてみる事で、大崎上島の魅力も更に発見できることでしょう。
もし、島暮らしに興味をもたれている方がいらっしゃれば、
まずは下記の『お試し定住体験』をご利用されてみてはいかがでしょうか?

Nakagawa

◎お試し定住体験についてhttp://www.town.osakikamijima.hiroshima.jp/?page_id=161

◎大崎上島『定住支援プロジェクト』ブログ → http://blog.livedoor.jp/hiroyukikamijima/
U・Iターン者が一番知りたい『住むところ・働くところ』情報が満載のブログ。情報がとても細やかでわかりやすい。
[PR]
by shimaproject | 2013-02-13 23:30 | 大崎上島 | Comments(0)
準備
f0235409_23371052.jpg

ザル、重石、樽大・小が並ぶ、漬け物の準備風景。
撮ったのは民宿の前。宿泊客にも振る舞われるものなのだろう。

H22年度の食品産業全体の食品廃棄物は2,086万トン。その82%が、食品製造業の1,750万トン。
年間発生量100トン以上の業者には食品リサイクル法により、発生量と再生利用の報告が義務付け。

食料自給率が低く多くを輸入する中、廃棄し再生を考える矛盾は、過剰な準備をした結果。
大量生産の食品で充たされる棚に、慣れきってしまっていないだろうかと省みる。

NAWATA

<最新取材島『柱島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-02-08 23:38 | 柱島 | Comments(0)
柱島の案内板
f0235409_21345264.jpg

多くの島では、港の近くに案内板を設置しており、
地図の他に名所なども載っているので、その島の大まかな情報はそれで確認できます。
なので島に到着すると、まず案内板を観ながら行き先を考えたりするのですが、柱島はご覧の通り。

『これ、案内板だよな〜。』と思いながら眺めている僕の心の声が聞こえたのか、
「台風にやられたんだけど、もう少しで完成するんよ。」と島の方。

航空写真のように詳細なもの。イラストなどを入れた抽象的なもの。
島によって様々なので、この枠の中にどんな案内板が設置されるのだろう?と、
島の方の説明に妄想を膨らませながら写真を撮ってみました。

橋で繋がっている島は、その橋の袂に併設されてある公園などに、
島の案内板が設置されていることも多いので、島巡りの際にはぜひご覧になってみてください。

Nakagawa

<最新取材島『柱島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2013-02-06 21:32 | 柱島 | Comments(0)
荷物
f0235409_1336344.jpg

黒島、端島に寄港しながら柱島へ向う高速船。後部デッキに積まれた荷物達。
見れば帰郷や墓参に釣りと、それぞれの想いが詰まっているのが分かる。

全国で人の住む離島は310島あるという。
今年も何処かの地域で、航路廃止や減便の話が議論されることだろう。

人を届け、物を届ける船は、離島にとっての生命線。
赤字財政であれ、航路継続は頭を悩ませるお荷物であってはならないと思う。

NAWATA

<最新取材島『柱島』の写真・レポートは下記サイトでご覧いただけます>
◎ 島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-02-01 13:38 | 柱島 | Comments(0)
ページトップ