S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
事業
f0235409_23271042.jpg

2年前に訪れた高根島。印象に残る物のひとつだった内の浦トンネル。
手掘りの壁が珍しく、歩いて抜けたトンネルが、道路拡幅工事によって消えると新聞で知った。

1952年開通で長さは171m。消防車や大型車が遠回りする事、離合解消の為と記事にあった。
年に何台大型車が通る必要があるのだろう。二度と作れない先人の功績を潰す理由が分からない。

工事理由に多く疑問点があるが、住民の安心や利便性向上と言われたら、島外者はもう何も言えない。
2014年度内の完成を目指して始まる工事。もう一度、岩肌を確かめつつ歩いて抜けてみたい。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-31 23:32 | 高根島 | Comments(0)
李藝 ~最初の朝鮮通信使
f0235409_21585284.jpg

日韓共同製作の映画『 李藝 ~最初の朝鮮通信使 』が、来月1日から公開される。
朝鮮通信使といえば、下蒲刈島を訪れる際に少し調べた事があった。
それまでは、煌びやかな親善行事という表面的なイメージしか持っていなかったけれど、
両国の思惑と、当時の厳しい経済事情が入り組んだ外交事業だと知る。

特に李藝の頃は、倭寇(わこう)の問題が背景にあるため、
この映画が李藝を通して、どういう風にその時代と通信使を描き、どんなメッセージを込めたのか。
そして、下蒲刈島・三ノ瀬の登場にも注目して観てみたいと思います。

通信使や倭寇に対する見解や認識は国や立場などによっても異なり、
かなりセンシティブな問題なのだと、少し調べただけでも感じ取れました。
もし通信使や倭寇に関する基礎知識をお持ちでなければ、
この映画を観る前に、ウィキペディアなどを一読される事をお勧めします。

※写真は、御番所跡地に建っている蘭島閣美術館

Nakagawa

◎『 李藝 ~最初の朝鮮通信使 』公式サイトhttp://rigei.pro/
※6月1日(土)からサロンシネマで上映。(東京・名古屋・大阪も1日から上映開始)
[PR]
by shimaproject | 2013-05-29 22:32 | 下蒲刈島 | Comments(0)
浄化
f0235409_2339968.jpg

柱島にある浦庄の浜。かつては海水浴場専用の桟橋があったほど、賑わった砂浜だと聞いた。
いつまでもいたい。そう思わせるほどの静けさと、心が洗われるような綺麗な海と浜がつくる空間。

美しい景色は、住む人達の努力によって成り立っていたりする。
集落の中で見かけた、自治会・漁協連名の海浜清掃を知らせる張り紙が気づかせてくれた。

訪れた土地では、楽しませてもらっているという謙虚な気持ちを忘れてはいけないだろう。
ゴミは都合良く見えなくなったり、勝手に消えたりはしないのだから。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-24 23:40 | 柱島 | Comments(0)
斎島へ
f0235409_19584639.jpg

豊島港から高速艇で25分の離島『斎島』(いつきしま)。
アビ漁が盛んだった頃には、500人以上が暮らしていたそうですが、現在は16人のみ。
「アビの里いつき」という宿泊もできる施設はあるものの、現在は休館中。
商店はおろか、自販機や公共のトイレさえもありません。
そんな斎島へと移住した方を取り上げた番組が、25日正午に放送されます。

何もない島にも関わらず、毎月多くの方が『 斎島 』というキーワードで当サイトへ訪れ、
レポートの閲覧数も、必ず上位10島に入るほどの人気ぶり。

なぜ斎島が、そんなに多くの方の興味を惹くのか。
離島暮らしとは、過疎化とはどういうものなのか。島の魅力ってなんだろう・・・
この番組を通して、それらの一端を伺い知る事ができるかもしれませんね。

Nakagawa

還暦おやじは最年少 〜今日を生きる 16人が暮らす何もない島〜
テレビ新広島 5月25日(土)午後12時〜
http://www.tss-tv.co.jp/web/jp/programs/spot/press/2013/tokuban/kanrekioyaji/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-22 20:10 | 豊島 | Comments(0)
対岸
f0235409_23541949.jpg

対岸の室津半島。稜線に点々と並ぶのは、大星山風力発電所の風車。
羽根まで含めると高さは100m。1機で計算上年間1200世帯の電力を賄えるそうだ。

回っているのかいないのか。頼りないなと眺めていたが、風力でなく原子力ならどうだろうか。
車窓から眺めるだけで降りることもなく、夕暮れに佇み写真を撮ることもなかったと思う。

この稜線を左に辿った先、長島の上関には原発予定地があり、同じように海を隔てて祝島がある。
対岸に原発ができたら。その怖さをほんの少しだけ感じることができた気がした。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-17 23:55 | その他 | Comments(0)
中谷さんの味
f0235409_20461490.jpg

毎年送っていただく季節の味、大長みかん・デコポン・紅八朔・宝韶寿。
どれも本当に美味しいのですが、なかでも今年のデコポンと紅八朔の味は絶品で、
あっと言う間に我が家の子供たちが平らげました。

先日、子供のおねだりで、とあるスーパーのデコポンを買ってみましたが、驚くほど酸っぱくて、
作る人や環境で、こんなにも味に差がでるものなのか。と、改めて実感した次第です。

近頃は、皮を剥くのが面倒くさいという理由で、柑橘離れが進んでいると聞きましたが、
中谷さんのデコポンや紅八朔を食べると、そんな事は言わなくなるような気がします。

清美とポンカンの交配によってできたデコポンは、ネーブルをより甘くまろやかにした感じ。
酸っぱいイメージが先行する紅八朔ですが、程よい酸味はちゃんとしながらも、
こんなに甘かったけ?と驚くほどの甘さを感じます。

まだ少し在庫があるようなので、その違いをぜひ実感してみて下さい。
ちなみに、写真左が紅八朔で、右のヘタが膨らんでいるのがデコポンです。

Nakagawa

◎中谷柑橘農園さんhttp://homepage3.nifty.com/nakataninaoya/
デコポン・紅八朔ともに【 5kg 3,500円 / 10kg 5,000円 】※送料込み
[PR]
by shimaproject | 2013-05-15 20:55 | 大崎下島 | Comments(0)
ワラ
f0235409_2351403.jpg

日本人は米を食し、その副産物といえるワラで身の回りの物を多く作ってきた。
そんなワラにまつわる展示が、広島市郷土資料館で開催されていると知り、観にでかけた。

軽さと柔らかさは履物。緩衝性の高さは包んで保護することに。保温性は寒さを防ぐために。
わらじや雪靴に雨具、容器や敷物。編むことで様々に形を変えたワラ製品は、知恵の結晶。

ワラ製品とその加工技術は、誰もが思い浮かべる田舎の風景と共に消えつつある。
昔の生活には戻れないが、物を無駄にしない精神は、受け継ぎ伝えなければならないと思う。

NAWATA

◎『ワラのあった風景』 広島市郷土資料館 6月30日まで
◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-10 23:55 | 柱島 | Comments(0)
Shima Project Web.に『しまねこ』ページを新設。
f0235409_15101030.jpg

瀬戸内海の島々で、自由奔放に暮らす島の猫たち。
そんな島の猫だけを集めたフォトギャラリー『 しまねこ 』を新設しました。
気候も暖かくなり、ちょうど猫たちの出産シーズンなので、
島巡りも兼ねて、可愛くも逞しい島で暮らす猫たちに、
会いに行かれてみてはいかがでしょうか?

Nakagawa

◎しまねこhttp://www.shimaproject.jp/sp/shimaneko.html
[PR]
by shimaproject | 2013-05-08 10:46 | お知らせ | Comments(4)
黄金
f0235409_0172896.jpg

黄金週間も後半。各地で連日のように催物が開催され、賑やかなことだろう。
連休を楽しむ人達の一方で、休むことなく楽しみを支える人達がいて、そこに繋がる人達がいる。

そちら側では、この期間が黄金に見える事もなく、輝くような思い出も作れないのだろうか。
何処かへ出かけなければいけないような風潮だから、それができないと何となく心苦しくなる。

良い思い出は、時間と出費とを引き換えに、手に入るだけのものではないはず。
今年は愚痴らず諦めず、自分なりの輝きを見つけたい。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2013-05-03 23:58 | 生名島 | Comments(0)
春の住吉神社
f0235409_01283.jpg

桜の季節も足早に過ぎ、気がつけば5月に突入しました。
寒の戻りで、ここ最近は少し寒いですが、
先日、「みかんの花が開花し始めました。」とお便りを頂きました。
白い花が瀬戸内の島嶼部を彩るのも、もう間もなくですね。

さて、多くの方にご訪問いただいた『 島の桜 』ページですが、
今年もそろそろ公開を終了(来週中頃を予定)しようと思います。
その代わりという訳ではありませんが、GW明けには新しい企画ページを公開できるように、
ただいま制作中ですので、どうぞお楽しみに。

※写真は、大崎下島・御手洗の住吉神社

Nakagawa

◎Shima Project Web.http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2013-05-01 23:45 | 大崎下島 | Comments(0)
ページトップ