S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
斎島
大久野島
大崎上島
大崎下島
豊島
平羅島
三角島
上蒲刈島
下蒲刈島
岡村島
小大下島
大下島
佐木島
伯方島
大三島
岩城島
弓削島
弓削佐島
生名島
魚島
因島
生口島
高根島
倉橋島
鹿島
能美島
江田島
似島
金輪島
阿多田島
百島
厳島
上関 長島
大津島
柱島
情島
浮島
頭島
その他
お知らせ
フェリー・旅客船
フォトムービー
記事ランキング
お気に入りブログ
KOkohiNA BLOG
その他のリンク
Shima Project Web.
しま日記
中谷柑橘農園さんのblog
大津島 隊員ブログ
熊佐商店の出来事
大崎上島の定住支援情報
茜色のブログ
しののブログ
上島町 島おこし協力隊
ほっこりっちょる上関
汐見の家




◎ブログ内の画像および文章の無断コピーは堅くお断りします。

◎リンクフリーですが、一声かけていただけると嬉しいです。
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
戦場
f0235409_19555241.jpg

江田島と能美島に挟まれた江田島湾。その要の部分に飛渡瀬という土地がある。
終戦間近の頃、この狭い海に浮砲台となった軽巡洋艦大淀の姿があった。

燃料枯渇の中で苦肉の策。やがて米軍機に発見され迎撃も虚しく艦を横たえる。
浅瀬であった為に戦後浮揚作業され、生まれ故郷呉の船渠で解体された。

慰霊碑を訪ね戦没者碑誌を読むと、飛渡瀬住民による救出活動も記されていた。
集落も近いこの空間が270余名の戦死者を出した戦場であった事に驚く。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-09-29 20:30 | 能美島 | Comments(0)
島の記憶 149 ー江田島・切串港ー
f0235409_201105.jpg

日々繰り返される港の風景。夕暮れを過ぎれば、島に降り立つ大半が帰ってきた人達。
船と人でつくられる風景は島での暮らしを垣間見るようで、とても魅力的な被写体だと思う。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-09-26 20:30 | 江田島 | Comments(0)
哲学の小道
f0235409_226695.jpg

京都にある「哲学の道」が、外国人に人気の観光スポットのひとつになっているそうだが、
実は瀬戸内海に浮かぶ島の中にも同じ名の道が存在する事をご存知だろうか。

もっともこちらは「小道」となっていて、島民すらその存在を知る人は少なかったので、
島外の人が知る由もないのだけれど、生名八幡宮境内よこにちゃんと案内板も立ててある。

哲学者西田幾多郎よろしく、生名島の名もなき哲学者が散策しているのだろうか。
なんて事のない小道の筈が、遊び心のある看板一つで、想像を膨らませる道となっていた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject

▼哲学の小道
f0235409_22171796.jpg

[PR]
by shimaproject | 2016-09-22 22:18 | 生名島 | Comments(0)
島の記憶 148 ー上関長島・蒲井八幡宮ー
f0235409_2226368.jpg

一人では行く事をためらってしまう程の静けさ。
原生林の中に佇むその姿は、どこか物寂しい雰囲気を漂わせていた。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2016-09-19 22:43 | Comments(0)
早瀬
f0235409_1952876.jpg

能美島と倉橋島の間に架かる早瀬大橋の完成は1973年。
倉橋島は既に音戸大橋で本州と結ばれていた為、能美島は地続きとなった。

離島でなくなったことで、数年後に離島振興法指定解除。
交付金を失ってでも欲しかった橋。現在の交通量を見ると重要さが分かる。

架橋実現へ向けての始まりは島民の募金運動からという。
ここでの架設技術が、とびしま海道架橋工事に継承されたことも感慨深い。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-09-15 20:00 | 能美島 | Comments(0)
島の記憶 147 ー能美島・引島ー
f0235409_1138063.jpg

触手のように波止を伸ばす無人島の引島は『島ひきおに』という絵本のモデルなのだという。
岸から程よい距離が冒険心を生み、手作り筏や泳いで渡った子供がいたかもしれない。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
祝 V7 HIROSHIMA TOYO CARP
[PR]
by shimaproject | 2016-09-12 20:00 | 能美島 | Comments(0)
f0235409_21394260.jpg

時期外れの写真ですが、今日はご勘弁を。
学校を休んでまで観戦したV6の瞬間。あれから四半世紀という長い年月が過ぎました。
今年こそは、今年こそは。という会話を何度したことか。。。

実は、今日優勝が決まる事を信じて、それようの記事を用意し、酒盛りの準備も万端でした。が、
そう上手くはいきませんね。すっかりアテが外れてしまいました。苦笑
欲を言えば、地元優勝が見たかったですが、仕方がありません。

ただ、ただです。移動日に巨人が負けて、いつの間にか優勝〜。なんていう、
いまいち盛り上がりにくい優勝にだけはなりません様に。
強い強い今年のカープ。最後もしっかり勝って、球場で胴上げを見せて欲しいものです。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2016-09-08 21:45 | その他 | Comments(0)
島の記憶 146 ー倉橋島・鹿老渡ー
f0235409_21461947.jpg

参覲交代の海路の中継地として、江戸中期に整備されたという鹿老渡集落。
入り組んだ路地を歩く時のワクワク感はないが、整然とした集落を歩くのは気持ちがよい。

Nakagawa

◎Shima Project Web. → http://www.shimaproject.jp/
◎フェイスブック → http://www.facebook.com/shimaproject
[PR]
by shimaproject | 2016-09-05 21:49 | 倉橋島 | Comments(0)
深江
f0235409_1941145.jpg

大柿町内を大原から深江へと県道300号を自転車で走る。
坂を越えると海へ向けて緩やかな下りが続き、奥行きのある港に着く。

漁業一色かと思いきや、深江漁港には大きな農協の建物が並んでいる。
どちらかと言えば農業の方が盛んな土地であったようだ。

港近くに廃業した風呂屋を見つけ想像を膨らませてみる。
異業種でも集落の仲間。顔見知りが集う憩いの場であったのだろうと。

NAWATA

◎島プロジェクト → http://www.shimaproject.jp/
[PR]
by shimaproject | 2016-09-01 20:00 | 能美島 | Comments(0)
ページトップ